店長の人材育成~ベテラン社員編~使えないではなく使えていない!

店長の人材育成~ベテラン社員編~使えないではなく使えていない!
店長の人材育成~ベテラン社員編~使えないではなく使えていない!

どうも、山田店長(@yamada_tencho)です。

 

ベテラン社員は頭も固いしプライドも高いから使えないんだよなぁ。

 

大体どこの会社にもいますよね。

 

使えないベテラン社員。

 

モチベーションも高くないし、やる気もあるんだかないんだか分かんない。

 

でも、無駄にプライドだけは高くて辞めることもないし、時には先輩風を吹かせてわがままを言ったり。

 

教育係りとして部下に何かノウハウを指導してくれるかと言うと、そうでもないし。

 

・そもそもこういったベテラン社員の活用方法ってあるのでしょうか?
・扱いづらいし、もし自分の店に来たら異動させてしまいたくなりません?

 

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

 

と、思ったそこのあなた!

 

その考え方は危険です。

 

新入社員も、ベテラン社員も、貴重な会社の資産です。

 

自分の部下の姿は自分の鏡に映った姿だと猛省してください。

 

ベテラン社員は、ベテラン社員に合った接し方をする事で、その能力を十分に発揮してくれるんです。

 

そのベテラン社員への接し方を知ってるか知らないかで、リーダーとしてのあなたの資質が問われる事になると思います。

 

ベテラン社員は使えないのではなく、使えていないのです。

 

ここでは、自分も相当苦労したのですが、私が実際ベテラン社員と接する時に気を付けている3つの事を共有できれば幸いです。

 

ぜひ、あなたの職場でも活用してみてください。

 

※ベテラン社員の定義:一般的にはベテラン社員の定義はないようですが、ここでは勤続30年以上の社員を指す事とします。

 

スポンサーリンク

 

ベテラン社員はやる気がないわけではない

ベテラン社員はやる気がないわけではない

ベテラン社員はやる気がないわけではない

人間歳を重ねると、どうしても体が着いて来なくなります。

 

いわゆる老化です。

 

こればっかりはどうする事もできません。

 

50過ぎで動きも遅く、与えられた業務の全てをこなせない事だってあります。

 

昔はバリバリの営業マンだった人も、出世街道を外れてしまって窓際族になる人だっています。

 

でも、だからといって、ベテラン社員はやる気がないわけではないんです。

 

昔みたいにやる気はあるんです。

 

でも、何はともあれ、とにかく体はついてきません。

 

なので、新入社員や中堅社員と同じような仕事ができるはずもありません。

 

恐らく業務レベルは落ちるでしょう。

 

しかし、業務指示が適切なものであれば、その質については、恐らく他のどの社員よりも高いはずです。

 

なぜなら、ベテラン社員はまだまだやる気もあるし、質の高い業務の出来るキャリアを持っているからです。

 

ベテラン社員は認めてほしいと思っている

ベテラン社員は認めてほしいと思っている

ベテラン社員は認めてほしいと思っている

どうしても年配の社員を見ていると、その業務姿勢が怠惰に見える時があります。

 

それは年齢によるものなので、仕方ありません。

 

むしろ上司としてみるべきは、その業務の中身です。

 

窓際のベテラン社員は、ぞんざいな扱いを受ける事にも慣れています。

 

だから、もう褒められたり認められたりする事なんてないものだと思っています。

 

50も過ぎると仕事を辞めたくても辞められない事だってあるだろうし・・・。

 

でも、それっておかしくないですか?

 

これまで会社の成長を担ってきたのは、それこそ戦後の団塊世代の人達のおかげじゃないですか?

 

その団塊世代、もしくはその次の世代の人達になぜ敬意を払えないのでしょうか?

 

それは、あなたが相手の立場に立ってないからです。

 

そのベテラン社員の立場に立って考えれば全て解決できるんです。

 

そして、どういった業務ならその社員の力を最大限引き出す事ができるのか。

 

店長の人材育成~中堅社員編~中堅社員はもう飽きている!の記事でも言及しましたが、人材育成の肝は、適材適所の人事と責任ある業務を与える事です。

 

ベテラン社員も、中堅社員同様に、その能力を十分見極めて適材適所での人員配置をしてください。

 

そして、その存在価値を認めてあげてください。

 

今あなたがいるから、この会社・店はあるんだ、と。

 

将来に希望を持てなくなったとしても、ベテラン社員にはプライドがあるのです。

 

そのプライドについては、しっかりリスペクトする姿勢を明確に示す事が、リーダーとしてのあるべき姿なのではないでしょうか?

 

ベテラン社員の昔取った杵柄の話の大切さ

ベテラン社員の昔取った杵柄の話の大切さ

ベテラン社員の昔取った杵柄の話の大切さ

と、ここまでは、どこでも教えてくれると思います。

 

いろんな人材育成ノウハウの本なんかでも紹介されていたりします。

 

これに加えて、私は、先輩ベテラン社員の方とは、よく「昔取った杵柄」の話をします。

 

そのベテラン社員に、「俺らの時代は・・・」と言わせるのです。

 

言わせるというと語弊があるかもしれませんが、ベテラン社員は聞いてほしいのです。

 

自分の過去の成功体験というのを。

 

ただし、過去の成功体験は、未来の成功体験ではありません。

 

こんなことわざをご存知でしょうか?

 

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」

 

つまり、ベテラン社員とは、過去の歴史を教えてくれる生き字引だという事です。

 

という事は、ベテラン社員の過去の成功体験やノウハウを聞くことで、未来の成功に繋がるという事になるのです。

 

そう考えると、ベテラン社員の役割というのはもう明確ですよね?

 

【まとめ】店長の人材育成~ベテラン社員編

長年仕事を続けるということは、とても大変なことです。

 

長く勤務していると、時に感度が鈍くなったり、モチベーションの維持が出来なくなってネガティブな場面を見せる事もあると思います。

 

でも、ベテラン社員は決してやる気がないわけでもなく、能力が劣っているわけではないんです。

 

ただ、認めてあげて、話を聞いてあげるだけでいいんです。

 

そうするだけで、今よりもさらに高いレベルの業務とクオリティを持って仕事ができるんです。

 

これは私の体験談でもあり、今も実践している内容になります。

 

あの古参社員使えないなぁ、ともし思ったとしたら、その使えない社員を使えるように導いてあげてください。

 

そうすることで、きっとあなたの店長として、リーダーとしてのスキルは格段とUPするはずです。

 

むしろこのベテラン社員との接し方・使い方が出来ないようであれば、リーダー失格と言ってもいいのかもしれません。

関連記事
店長の人材育成~新入社員編~出来ない理由は聞きたくない!

店長の人材育成~中堅社員編~中堅社員はもう飽きている!

人材育成とは!?ポイントは「ある事」をして伸ばす方法にあり!

 

社員編
スポンサーリンク
<日本最大のクラウドワークス>

この記事をシェアする
山田店長をフォローする
大手小売業現役店長の全て

コメント

プロフィール

この記事を書いている店長
山田店長

飲食店スタッフ⇒通信機器販売員⇒食品バイヤー⇒大手小売業現役店長へ。
現在は月商約5億・従業員数約300人の店舗で店長をやっております。店長経験はもう10年以上。
この経歴を元に、店長として持ってる知識と経験をここでお伝えしていきます。
現役店長さんの日々の業務に、少しでもお役に立てれば幸いです。

山田店長をフォローする