店長の悩み④~部下やアルバイトに仕事を任せるのが不安

頭を抱える男性

どうも、山田店長(@yamada_tencho)です。

 

店長をやってると必ずぶつかる壁があります。

 

特に若い店長であればあるほどこの壁にぶつかります。

 

それが、部下やアルバイトに仕事を任せられないという壁です。

 

部下やアルバイトに仕事を任せても仕事が遅いから困っちゃうんだよなぁ

 

特に現場からたたき上げの若い店長に多いんです。

 

実際店長仲間にもこういう店長がいます。

 

部下やアルバイトに仕事を任せられない店長は、基本的にいつも忙しいです。

 

なぜなら自分で全部やらないといけないからです。

 

そうならないために、ここでは、

 

・なぜ仕事を任せる事に不安になるのか
・仕事を部下やアルバイトに任せるメリット

 

これを分かりやすく解説します、

 

これさえ分かれば業務効率が一気に倍々で上がっていきますので、ぜひ意識して身に付けるようにしてください。

 

参考店長に向いていない人の典型的な3つのタイプとは!?

 

スポンサーリンク

 

なぜ仕事を任せる事に不安になるのか?

なぜ仕事を任せる事に不安になるのか?

なぜ仕事を任せる事に不安になるのか?

そもそも、なぜ部下やアルバイトに仕事を任せる事に不安になるのでしょうか?

 

答えは簡単で、自分でやった方が早い・キレイだと思ってしまうからです。

 

そりゃあそうでしょうよ。

 

それが出来るから店長なんです。

 

店長は、それを部下やアルバイトにやらせるのが仕事ですので、自分がやった方が早いと思うのではなく、それを教えてやらないといけません。

 

店長しか出来ない仕事をするには任せるしかない

別に店長1人の店だったらいいのですが、おそらくあなたのお店は店長+αで店舗運営をしているはずです。

 

であるならば、店長以外でも出来る仕事は部下やアルバイトに任せるべきです。

 

そしてあなたは、店長しか出来ない仕事をすべきなのです。

 

そうすることで、より良い店作りが出来る事は間違いありません。

 

あなた自身の時間が出来る事で、これまでやりたくても出来なかった事が出来るようになるはずです。

 

そう考えると、全てを自分でやる事自体非効率だと思いませんか?

 

具体的な仕事の任せ方・方法

じゃあ、いざ仕事を任せるとなったらどうしたらいいのでしょうか?

 

答えは、

 

①期限を明確にする
②業務終了の度合いを決める
③完了報告をする

 

この3点を事前に共有してください。

 

例えば、店がオープン前のレストランの掃除。

 

①16時までに
②店頭にゴミひとつ残さない

 

スーパーの品だしなら

 

①12時までに
②今日納品の商品の品だしを終わらせる

 

よくありがちなのが、○○やっといてね、と丸投げするやつです。

 

仕事を任せる事と丸投げする事とは全く異なります。

 

仕事を任せる事がうまい店長は、上記の項目を明確にしています。

 

いつまに、どんな状態にするのか。

 

そして、それが終わったら必ず完了報告をしてもらいます。

 

さらに突っ込んで言うと、店長は仕事を任せている間に、その仕事が終わったらこれを任せる、という次のプランを考えておきましょう。

 

よくあるのが、一度仕事を任せたはいいけども、いざその仕事が終わったら次にやる事が見つからない。

 

こうなってくると、店長としてのリーダーシップに疑問を抱かれかねませんので、常に部下やアルバイトよりも一歩先の仕事をするように心がけましょう。

 

参考店長の人材育成~学生アルバイト編~学生は褒めてほしいと思ってない!

 

スポンサーリンク

 

仕事を任せる事のメリット

↑を理解した上で、自分じゃなくても出来る仕事を任せる事が出来るようになると、様々なメリットが生まれてきます。

 

以下では、仕事を任せる事のメリットを紹介していきます。

 

ちなみに、デメリットはゼロです。

 

業務効率が上がる

もっとも成果として如実に現れるのが、業務効率のUPです。

 

今まで自分がしていた事を部下やアルバイトに任せる事で、自分は違う事が出来るわけです。

 

これまで1時間かかっていたルーティンが30分で終わったりします。

 

そりゃあ業務効率は上がりますよね?

 

だから自分じゃなくても出来る仕事は部下・アルバイトに任せちゃえばいいんです。

 

というか、むしろそれをやるのが部下やアルバイトの仕事でもありますからね。

 

自分の時間が出来る

業務効率が上がる事もさることながら、最大のメリットはやっぱり、自分の時間が出来るという事です。

 

別にプライベートの時間が増えるとかではなく、これまで出来なかった仕事が出来るようになってきます。

 

今まで時間がなくて

 

・予算がうまく組めなかった
・十分な販促計画がつくれなかった

 

こういった経験をされた事ないですか?

 

これらを時間を取って出来るようになります。

 

当然ですが、こういった事を計画的に出来るようになれば、より売上が上がります。

 

そうです。

 

これが店長の仕事です。

 

つまり、店長の仕事をするには、自分じゃなくても出来る仕事はどんどん部下やアルバイトに任せるべきなんです。

 

店長から仕事を任された部下・アルバイトは向上心も高まります。

 

店長は店長としての業務を行う事ができるようにもなります。

 

結果として、店の売上が上がる。

 

こんな明るい未来しか待っていませんよ!

 

まとめ

ということで、今回は簡潔にまとめさせていただきました。

 

ポイントは・・・

 

・自分じゃなくても出来る仕事は信頼できる部下やアルバイトにやってもらう
・空いた時間に店長の仕事を行う
・結果売上が上がる

 

この3点を押さえるだけで結構です。

 

これが出来ていない店長が多いのも事実なのですが、逆に出来るようになると、店長という仕事がもっと楽しくなる事は間違いありません。

 

是非あなたも心がけるようにしてくださいね。

 

参考記事
人材育成とは!?ポイントは「ある事」をして伸ばす方法にあり!

 

店長の悩み
スポンサーリンク
<ブラック企業とはこれでおさらば>

SARABA

<転職サイトは大手が安心>

リクルートエージェント

<ハイクラス求人と言えば>

<日本最大のクラウドワークス>

この記事をシェアする
山田店長をフォローする
大手小売業現役店長の全て

コメント

プロフィール

山田店長

飲食店スタッフ⇒通信機器販売員⇒食品バイヤー⇒大手小売業現役店長へ。
現在は月商約5億・従業員数約300人の店舗で店長をやっております。店長経験はもう10年以上。
この経歴を元に、店長として持ってる知識と経験をここでお伝えしていきます。
現役店長さんの日々の業務に、少しでもお役に立てれば幸いです。

山田店長をフォローする