現役店長が退職代行sarabaの口コミや評判の疑問を徹底解説します!

赤い電話

どうも、山田店長(@yamada_tencho)です。

 

あなたは退職代行というサービスがあるのはご存じですか?

 

退職代行がNHKのクローズアップ現代で取り上げられた事で話題となっているようなのですが、退職代行サービスとは一体どんなサービスなのでしょうか?

 

ここでは、退職代行サービスの口コミや評判にあるような疑問について、現役店長が分かりやすく解説します。

 

・退職代行サービスとは?
・退職代行サービスがもてはやされる理由とは?
・退職代行サービスに違法性はないのか?
・もし自分の店に退職代行業者から電話が来たら?
スポンサーリンク

今評判の退職代行サービスはあなたの変わりに全てやってくれるサービス

ちまたで評判の退職代行サービスですが、ひとことで言うと、

 

・あなたの代わりに会社に退職する旨を伝えてくれるサービスです。

 

あなたが明日からもう会社に行きたくないと思ったら、退職代行サービスに連絡すれば、後は全部やってくれます。

 

ちなみに、退職代行サービスを利用されるのは以下のような人が多いそうです。

 

・ブラック企業から抜け出せずに社畜と呼ばれるような仕事をされている人。
・上司からのパワハラ・モラハラで悩まされているが、怖くて辞めるなんていい出せない人。

 

もし、あなたも上記のような状態で仕事をされているようでしたら、退職代行サービスを使ってサクッと今のブラック企業から抜け出すのも、ひとつの手かもしれませんね。

 

口コミで有名な退職代行サービス一覧

有名な退職代行サービスは以下の3社くらいでしょうか。

 

他にもいろいろあるみたいですが、この3社が評判も良いようなので間違いないかと思います。

 

退職代行サービス大手3社

>>SARABA
>>退職代行は『辞めるんです』
>>EXIT

退職代行サービスの口コミや評判ってぶっちゃけどうなの?

では、実際に退職代行サービスの気になる中身を見てみましょう。

 

色んな疑問や質問もあるかと思いますが、以下にまとめました。

 

本当に辞められるのか?

↑で紹介した3社とも、これまでの退職成功率は100%です。

 

えっ?本当?

 

と思われるかもしれませんが、理由は簡単で、雇用者からするとわざわざ業者を利用して退職を伝えて来る人間は引き止めてもメリットがない、と思うからだと思います。

 

私も長らく店長をしていますが、成人している人でも親から退職の意向を伝える人もいますからね。

 

自分の口からではなく、第三者が退職を伝えてくるという事は、それなりの覚悟があると判断して、引き止めはしません。

 

今日から会社に行かなくていいのか?

どうしてももう耐えられない。

 

もう今日から仕事に行きたくないし、パワハラ上司の顔なんて二度と見たくない!

 

もしあなたが限界ギリギリの所にすでにいるのなら、もう今日から会社に行かなくても大丈夫です。

 

そもそも人としてどうなのか、という問題はありますが、もう辞めるんだったら社内での体裁など気にしなくていいんじゃないですか?

 

後の事は、全て退職代行サービスがやってくれるので一切問題ありません。

 

退職代行の料金は?追加料金はない?

相場は3万円です。

 

中には正社員で5万円、アルバイトで3万円と分かれるパターンもあります。

 

追加料金については、「一切なし」と掲載されていれば問題ありません。

 

追加料金のある業者は、追加料金についてはあるともないとも掲載されていません。

 

よくあるのが、弁護士相談料という名の下に別途追加料金を請求されるパターンです。

 

あと、万が一退職まで至らなかった場合は、全額返金保証制度もあったりします。

 

これまで退職成功率100%ですが、万が一の時には全額返金してもらえる保証制度のある代行業者もあります。

 

価格面でもっとも安くて分かりやすいのが「SARABA」です。

 

詳細は、退職代行サービスSARABAをチェックしてみてください。

 

給料や有給は支払われるのか?

自分も店長をしているので分かるのですが、一般的に退職の場合は給料は当然支払われますし、有給は消化した上で退職となります。

 

雇用者としては、労働の対価として給料を支払っているので、明日から来なくなろうが支払いはしないといけません。

 

ただし、退職代行サービスを使っての退職は、自己都合での退職とみなされて有給については相談されるかもしれません。

 

もちろん、当然あなた自身で会社側と話したくもないでしょうから、そこは退職代行サービス側にその旨を伝えてもらっていいかと思います。

 

会社側としても、あなたがある一定の役職者でも無い限り、例えば損害賠償を請求されたりするような事もないでしょうし、有給を拒否するとは考えにくい、という事は言えますね。

 

雇用保険被保険者証や離職票等の退職後に必要な書類はもらえる?

こういう面倒な事はまさに代行サービスの名の通り、会社側に伝えてもらえます。

 

後日郵送してくると思うので、あなたはただ待ってるだけでOKです。

 

ちなみに、会社側から借りた制服や備品等があれば、それはしっかり返却してくださいね。

 

スポンサーリンク

なぜ退職代行サービスがこれほど流行っているのか?

悩む女性
理由は簡単です。

 

・時代のニーズにマッチしたコストのかからないビジネスだからです。

 

世の中ブラック企業で社畜として働いている人が多くいます。

 

安い給料で、上司のパワハラに耐えながらもがんばってる人がたくさんいます。

 

その人達は辞めたくても辞められないんです。

 

理由は様々ですが、そんな人達の背中を押すサービスがこの退職代行サービスです。

 

ブラック企業を抜け出せない人は、会社に退職の旨を伝える事が出来ないから辞められないだけです。

 

じゃあ、「今日で会社辞めます」これを誰かが言えばいいじゃん。

 

という事で、それを仕事にしたのが退職代行サービスです。

 

この退職代行サービスという仕事は、資格が必要というわけでもありません。

 

ただただ、「あなたの代わりに会社に退職の意向を伝えてくれる」というサービスです。

 

そして、この退職代行サービスはコストがほぼゼロです。

 

強いて言うなら、電話代くらいでしょうか?

 

実際退職代行サービスの業者の所在地は、沖縄だったり地方都市だったりします。

 

別に東京や大阪に居を構える必要はありません。

 

業務内容的には、電話だけで完結できるからです。

 

わざわざ家賃の高い都心で仕事する必要もありません。

 

ネットさえ繋がっていれば、山奥でも問題ありません。

 

ビジネスモデルとしての参入障壁の低さと、昨今のブラック企業から抜け出したい人達とのニーズのバランスが取れたという事。

 

それが、退職代行サービスがここまで口コミでも評判の良い理由なんでしょうね。

 

口コミはいい事ばかりだけど退職代行サービスに違法性はないの?

結論ありません。

 

というか、違法性のないように、どこの退職代行サービスも顧問弁護士がいたり行政書士がいたり、という事を宣伝文句としています。

 

実際、お抱え弁護士がいても、その弁護士自身が退職代行サービスをしてくれる訳ではありません。

 

ただの会社の相談相手だと思ってもいいかと思います。

 

ですが、相談できる弁護士がいるので、法に触れないようにきちんと会社側にあなたの意向を伝えてくれます。

 

本当に本当に法律的に大丈夫??

石橋を叩いてもタダでは渡らない人のために言って、もうちょっと突っ込んでみます。

 

弁護士法72条に「非弁行為の禁止」があります。

 

これは、弁護士以外の者が報酬を得る目的で法律事件を扱ってはダメという法律です。

 

つまり、「交渉」は弁護士しか出来ないですが、「伝達」だけなら誰でも出来る、という事です。

 

もし、なんらかの「交渉」が必要になってきたら、委任契約が必要となり別途料金が発生してきます。

 

ただ、退職代行サービスで弁護士に「交渉」をお願いするというのは、部長職以上の方くらいかと思います。

 

ですので、通常は実質追加料金は発生しない、と思っていいでしょう。

 

>>業界最安値29,800円!退職代行サービスSARABAをチェック

 

スポンサーリンク

 

あなたのお店に退職代行業者から連絡が来たらどうすればいいか?

悩む人
最後に、この私のブログは店長向けのブログなので、店長目線でも退職代行サービスについて触れておきたいと思います。

 

例えば、アルバイトや社員がこの退職代行サービスを使ってあなたのお店に連絡が来た場合はどうすればいいでしょうか?

 

アルバイトの場合は、そのまま退職手続きを行っていいと思いますが、念のため人事部や総務部等の関係部署と連携だけ取っておきましょう。

 

業者を使って退職の意思を伝えて来るということは、よっぽどです。

 

こういった辞め方をするということは、あなたのお店に相当の不満を持っての事だと思います。

 

本当はその不満を聞いて、今後の人材育成に繋げていければいいのですが、もうそれも叶いません。

 

これまでの教育方針を今一度見返してみた方がいいでしょう。

 

社員の場合は、そのまま関係部署へ引継ぎをする、でいいでしょう。

 

アルバイトよりも、社員がこういった退職代行サービスを使ってくるというのは、アルバイトのそれよりももっと深刻です。

 

普通は上司に相談のひとつでもするものですが、それさえもしないということは、会社・店に対して相当な不満を持っています。

 

あなたのお店がブラックなのか、人間関係でトラブルとなっているのか、問題はそれにあなたが店長として気付いていたかどうかです。

 

もし気付いていなかったとしたら、経営者・責任者としてもっと人を見る必要があります。

 

・退職代行サービスから自分の店に電話がかかって来たとしたら、自分の力が至らなかったとまずは反省しましょう。

おすすめの退職代行サービスはSARABA(さらば)

SARABA
↑でも紹介しましたが、業界大手3社は

 

>>SARABA
>>EXIT
>>退職代行は『辞めるんです』

 

こちらの3社かと思います。

 

私のおすすめは退職代行サービスSARABAです。

 

ぶっちゃけ選ぶポイントは価格です。

 

安くて追加料金がないかどうか。

 

あとは相談受付方法が、フリーダイヤル・LINE@・メールと3形態で出来る事もポイントです。

 

普通の電話だとどうしても電話代もバカになりませんので、フリーダイヤルがあるのはうれしいですね。

 

さらに、24時間対応してくれるので、

 

・遅番勤務の人でも問題ありません。

 

まぁ、SARABAが一番明朗お会計で安心って感じですかね。

 

今すぐ仕事を辞めたい人は↓

 

>>退職代行SARABAに問い合わせる

 

退職代行サービスの口コミや評判まとめ

という事で、今口コミやネットでも評判の退職代行サービスについて解説しました。

 

まとめると

 

・退職の意思をあなたに代わって会社に伝えてくれる
・今日から出社しなくていい
・簡単にブラック企業から抜け出せる

 

こういったところでしょうか。

 

時代のニーズにマッチした、退職代行という新しいサービス。

 

本当はこういったサービスが必要のない社会が理想なんでしょうが、人材不足も相まって未だにブラックな企業はなくなりませんね。

 

あなたもブラック企業で日々消耗しているなら、まずは退職代行サービスに無料相談してみませんか?

 

>>退職代行SARABA公式サイトはコチラ

転職
スポンサーリンク
<ブラック企業とはこれでおさらば>

SARABA

<転職サイトは大手が安心>

リクルートエージェント

<ハイクラス求人と言えば>

<日本最大のクラウドワークス>

この記事をシェアする
山田店長をフォローする
大手小売業現役店長の全て

コメント

プロフィール

この記事を書いている店長
山田店長

飲食店スタッフ⇒通信機器販売員⇒食品バイヤー⇒大手小売業現役店長へ。
現在は月商約5億・従業員数約300人の店舗で店長をやっております。店長経験はもう10年以上。
この経歴を元に、店長として持ってる知識と経験をここでお伝えしていきます。
現役店長さんの日々の業務に、少しでもお役に立てれば幸いです。

山田店長をフォローする