退職代行の利用に罪悪感は必要?【一度きりの人生決めるのはあなた次第】

退職代行の利用に罪悪感は必要?【一度きりの人生決めるのはあなた次第】
退職代行の利用に罪悪感は必要?【一度きりの人生決めるのはあなた次第】

どうも、山田店長です。

 

今の会社を辞めたいんだけど、なんだか罪悪感があるので退職代行サービスを利用する事が出来ないんだよなぁ。

 

そんな風に思っていませんか?

 

世の中では働き方改革や、ホワイト企業化が進んでいるとは言われるものの、未だに存在するブラック企業や横行するパワハラの数々。

 

仕事自体は好きだけど、気分屋の上司に振り回される日々。

 

そんな現状から逃れるために、退職代行サービスを使ってみたいけど、なんだか罪悪感があったりしませんか?

 

退職代行サービスには、そんな罪悪感は一切必要ありません。

 

あなたの人生は一度きりです。

 

退職代行サービスを利用するということは逃げる事ではありません。

 

あなたの未来はあなた自身が決めるべきです。

 

何かに我慢して消耗する人生は今日で終わりにしましょう。

 

以下では、退職代行=逃げること、という勘違いについて解説します。

 

スポンサーリンク

 

退職代行を利用する事で感じる罪悪感とは?

退職代行を利用する事で感じる罪悪感とは?

退職代行を利用する事で感じる罪悪感とは?

そもそも、退職代行を利用する事で感じるとされる罪悪感とは、一体何なのでしょうか?

 

自身の行動・指向・在り様などに関して、罪がある、あるいは悪いことをした、している、と感じる嫌悪の感情のこと
引用元:Wikipediaより

 

wikipediaでは上記のように解説されています。

 

実際は社会的に悪いことをしていなかったとしても、それが原因で良心の呵責に苛まれる状況ということになります。

 

ちなみに、罪悪感を感じやすい人の特徴は以下の通りです。

 

・責任感が強い
・正義感が強い
・他人の期待応えようとする
・自分の正当な権利を主張できない
・自己犠牲的である

 

恐らく、あなたもこのどれかに当てはまるのではないでしょうか?

 

この罪悪感を感じるのは、あなたの「性格」なので、それを変えることは出来ないかもしれません。

 

ですが、考え方を変える事は可能です。

 

退職代行「逃げる=悪」ではない

退職代行「逃げる=悪」ではない

退職代行「逃げる=悪」ではない

罪悪感を感じる人の多くは、恐らく

 

退職代行を利用する事=逃げること

 

と思っているのではないでしょうか?

 

今置かれている環境から逃げることで、現状の辛い状況を改善しようとしている。

 

そんな風に思っていませんか?

 

ブラック企業は辞めたくてもそう簡単には辞めさせてくれません。

 

パワハラ上司は、あなたが何を言っても変わることはありません。

 

そんな中で、あなたはいつまで消耗し続けるのですか?

 

今の会社に入社する時、恐らくあなたは大きな希望を抱いて入社したはずです。

 

この会社で大きな成果を上げたい。
この会社で社会貢献をしたい。
この会社で人として成長したい。

 

皆それぞれの目標があって入社したはず。

 

でも、いざ入社してみたら、そんな希望を打ち砕く現実が待ち受けていた。

 

退職代行サービスを使うということは、そんな状況を打破するための手段でしかありません。

 

本来の目的は、

 

あなたが本当にやりがいの持てる仕事に就くための手助け

 

でしかないのです。

 

人生は有限です

人生は有限です

人生は有限です

会社が変わるかもしれない。

 

上司が変わるかもしれない。

 

そうなる事を待ち続けることに意味はありますか?

 

人生は有限です。

 

生きていくために仕事はしないといけません。

 

つまり、仕事は生きるための手段にしか過ぎません。

 

そんな手段のために消耗するだなんて、そんな不毛な事ってありますか?

 

それなのに、罪悪感を感じながら、やりたくもない仕事を続けることってどうなんでしょうね。

 

当然の事ながら、精神衛生上もよくないですし、何よりもあなたの人生にとってプラスになることなど何もありません。

 

スポンサーリンク

 

あなたの人生はあなたが決めるべき

あなたの人生はあなたが決めるべき

あなたの人生はあなたが決めるべき

いつまでその会社で消耗するつもりですか?

 

一度きりの人生です。

 

決めるのはあなたです。

 

今のまま罪悪感を感じながら消耗しつつ働き続けるのか。
それとも、退職代行サービスを利用することで自分に本当にあった仕事を探すのか。

 

退職代行サービスを使うことは、何も悪い事ではありません。

 

罪悪感を感じる必要もありません。

 

法的にも何も問題はありません。

 

責任感が強く、仕事を辞めたくても辞めたいと言えないあなた。

 

自分が会社を辞めてしまうことで、残った人達に迷惑がかかるんじゃないか?

 

そう思っていませんか?

 

ひょっとしたら、その人達もあなたと一緒で、罪悪感があるので辞めたくても辞められれない人たちかもしれません。

 

あなたがそう思っている以上、その可能性はゼロではありません。

 

だったら、何も罪悪感を感じる必要もないですし、残った人への良心の呵責を感じる必要もありません。

 

繰り返しになりますが、あなたの人生は一度きりです。

 

自分の口から言い難いのであれば、自身の決断を伝える手段として、退職代行サービスを使えばいいだけです。

 

考えてもみてください。

 

今後もやりたくない仕事、一緒に居たくない上司、無駄な残業、そんなブラックな環境にいつまでいるつもりですか?

 

あなたの人生はあなたが決めるべきです。

 

あなたの人生、誰かに決められる筋合いはありません。

 

今の会社を辞めることに何の罪悪感も感じる必要はありません。

 

すべてはあなた次第です。

 

退職代行サービスを利用して、今のストレスから解放されて、よりあなたに見合った仕事に就くということは、ひとつの選択肢としてありなのではないでしょうか?

 

思い立ったらすぐ行動【おすすめの退職代行サービス】

思い立ったらすぐ行動【おすすめの退職代行サービス】

思い立ったらすぐ行動【おすすめの退職代行サービス】

退職代行サービスを利用すれば、今日から出社してなくてOKです。

 

退職代行SARABA(サラバ)は、

 

退職代行サービス業者の中でも唯一、退職代行ユニオンとして労働組合になっていますので、「交渉」もしてもらえます。

 

他の退職代行業者は、依頼者の使者でしかないので、「交渉」は出来ません。

 

退職日の調整や金銭の要求が出来るのは、退職代行SARABA(サラバ)の退職代行ユニオンとしての最大の特徴だと言えます。

 

弁護士による退職代行サービスだと5万円あたりが相場ですが、交渉も出来る退職代行SARABA(サラバ)は29800円ポッキリです。

 

それだけでも利用する価値を感じていただけると思います。

 

とにかく、思い立ったらすぐ行動です。

 

あなたは、いつまで不毛な日々を消耗しますか?

 

明るい未来を掴むかどうかはあなた次第です。

 

くどいですが、一度きりのあなたの人生です。

 

決めるのはあなたです。

 

 

転職
<ブラック企業とはこれでおさらば>

SARABA

<転職サイトは大手が安心>

リクルートエージェント

<ハイクラス求人と言えば>

<無料転職サイトに今すぐ登録>

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

この記事をシェアする
山田店長をフォローする
スポンサーリンク
大手小売業現役店長の全て

コメント

プロフィール

山田店長

飲食店スタッフ⇒通信機器販売員⇒食品バイヤー⇒大手小売業現役店長へ。
現在は月商約5億・従業員数約300人の店舗で店長をやっております。店長経験はもう10年以上。
この経歴を元に、店長として持ってる知識と経験をここでお伝えしていきます。
現役店長さんの日々の業務に、少しでもお役に立てれば幸いです。

山田店長をフォローする