店長の悩み②~新任店長が着任した初日にやるべき事はたったこれだけ!

捨てる事は大事

どうも、山田店長(@yamada_tencho)です。

 

とりあえず店長の辞令をもらったけど、新人店長が着任初日にやるべき事ってなんだろう?

 

新任店長として着任したらまずやるべき事として、店長の悩み①でもトイレ掃除を紹介しましたが、ではトイレ掃除の後はどうしたらいいのでしょうか?

 

事務所の店長デスクに座ったらまずすべき事は、

 

捨てる事

 

です。

 

まずはとにかく捨てます。

 

え?そんな事よりもっと他にやる事があるんじゃ・・・と、思うかもしれませんが、まずは捨てるんです。

 

これをやる事で、既存店なのに新店のような雰囲気を作り出す事が出来、従業員も一気に働き易くなります。

 

しかも、あなた色で、です。

 

単に捨てると言うだけでは乱暴なので、店舗の異動を何度も経験してきた現役店長として、以下で詳しく具体的に解説します。

 

スポンサーリンク

 

店長デスクの周りの物を全て捨てる

店長初日は捨てる事から始める

店長初日は捨てる事から始める

最近は断捨離やミニマリストなる言葉が流行っているように、余計なものを置かない環境をよしとするような風潮がありますが、それに似ているかもしれません。

 

まず店長デスクに座ったら、デスクの上のPC以外のものは捨てましょう。

 

えっ?と思われるかもしれませんが、恐らくPC以外は必要のないものだと思います。

 

ひょっとしたら今見てるそのPCモニターに付箋で何か貼り付けていたりしませんか?

 

それも剥がして捨ててしまいましょう。

 

必要な事は手帳かスマホのメモ機能に残せばOKです。

 

何やら色々書き込まれた卓上カレンダーありませんか?

 

それも捨てます。

 

スマホにカレンダーありますよね?それを使ってください。

 

デスクの上がきれいになったら、次は引き出しの中です。

 

個人情報の記載のある書類以外は必要ありません。

 

念のためシュレッダーを使って捨てましょう。

 

ひょっとしたら前任者の印鑑とか私物も残ってるかもしれませんが、それらも全部ポイしちゃってください。

 

なぜここまで徹底的に「捨てる」のか。

 

理由はただひとつで、

 

店長として戦える環境を整えるため

 

です。

 

店長は店のすべてを把握していないといけません。

 

過去の遺物が残った状態では、すべてを掌握するのに時間も手間もかかってしまうので、クラッシュ&ビルドを行うわけです。

 

そのうち使うかも、というものがあってもそんな「そのうち」は来ません。

 

来たとしても大抵なんとかなります。

 

とにかく悩んだら捨てていってください。

 

まずは環境を変えるための作業ですので、淡々と粛々とあまり時間をかける必要はありません。

 

さぁ、店長デスク周りが片付いたら、次は事務所内の掲示物に取り掛かります。

 

事務所の掲示物を全て捨てる

恐らく小売業の事務所なので、いろんな掲示物が貼ってあるかと思います。

 

基本的にその掲示物はすべて捨てても問題ありません。

 

必要なのは、もしあるなら会社の経営理念や社訓くらいでしょうか。

 

それと、社内のルールについて記載されたもの。

 

それ以外は基本的に必要ありませんので、これも捨ててしまいましょう。

 

もし後でやっぱり必要となったら、また印刷すればいいだけです。

 

必要のないものを捨てつつ、張り替えが必要な掲示物については、掲示場所の見直しも合わせて行いましょう。

 

ここでのポイントは、

 

他の従業員も巻き込んで一緒にやる

 

という事です。

 

この時に他の従業員とコミュニケーションを取りつつ、一緒に手を動かして作業しましょう。

 

そうすることで、その従業員は

 

「この店長は環境を作り直そうと努力している」

 

と、思ってもらえるはずです。

 

そうなると、これまでの店長とは違うのかもしれない、となるはずです。

 

それだけで最初の信頼関係の第一歩が踏み出せます。

 

スポンサーリンク

 

前任店長の名前を一切残さない

事務所内が終わったら、次は店内をチェックしていきます。

 

ポイントは、

 

バックヤードの前任店長の名前の残った掲示物のチェック。

 

特に前任店長の名前が残るのが、まずは従業員トイレ。

 

「トイレはキレイに使いましょう」的な掲示物に店長の名前は残っていませんか?

 

あと、産業廃棄物管理者の掲示が必要な店舗であれば、ここの名前は必ず更新しないといけないので早急に自身の名前に変更することを忘れないようにしてください。

 

売場は恐らく大丈夫だと思いますが、ひょっとしたら店長の顔写真入りの販促ポスターとかあったりしませんか?

 

万が一そんなものが残っているようでしたら、即撤去です。

 

その他許認可関連の掲示物があるようでしたら、それもチェックです。

 

売場のチェックもしながらあれもこれも大変ですが、全ての前任店長の名前を上書きしてください。

 

まとめ

以上、新任店長が着任初日にまずやるべき事として、

 

捨てる事

 

を提案させていただきました。

 

意外だと思われたかもしれませんが、これをすることで

 

・店長としての戦える環境を作る事が出来る
・従業員へ店長としての意志を伝える事が出来る

 

これらが出来るようになります。

 

本当に着任早々は、この捨てるという事を徹底的にやることで、周りの従業員の見る目が変わってきます。

 

環境を変えようとする店長というのは、比較的従業員には好印象に写るようで、どちらかというと好意を持ってもらえます。

 

私も店長として何度か異動をしましたが、異動するたびにこの捨てると言う事も繰り返してきました。

 

着任早々ですが、従業員と一緒に作業する事でコミュニケーションを取る事も出来ます。

 

で、その際に必ずその従業員は聞いて来ます。

 

「なんでそんなに捨てるんですか?」と。

 

その時は

 

「まずは環境を整えないと戦えないからね。それは売場も一緒でしょ?」

 

と、答えるようにしています。

 

これが言えるようになったら、まずは新任店長としての最初のハードルは越えたと思ってもいいかもしれませんよ。

 

関連記事
店長の悩み①~突然店長の辞令をもらったらやるべき事3選

店長になりたくない~店長をやれと言われた時の断り方とその後の働き方とは?

店長の悩み
スポンサーリンク
<ブラック企業とはこれでおさらば>

SARABA

<転職サイトは大手が安心>

リクルートエージェント

<ハイクラス求人と言えば>

<日本最大のクラウドワークス>

この記事をシェアする
山田店長をフォローする
大手小売業現役店長の全て

コメント

プロフィール

この記事を書いている店長
山田店長

飲食店スタッフ⇒通信機器販売員⇒食品バイヤー⇒大手小売業現役店長へ。
現在は月商約5億・従業員数約300人の店舗で店長をやっております。店長経験はもう10年以上。
この経歴を元に、店長として持ってる知識と経験をここでお伝えしていきます。
現役店長さんの日々の業務に、少しでもお役に立てれば幸いです。

山田店長をフォローする