アルバイト面接の自己紹介と志望動機のコツを現役店長が伝授~高校生編

アルバイト面接の自己紹介と志望動機のコツを現役店長が伝授~高校生編
アルバイト面接の自己紹介と志望動機のコツを現役店長が伝授~高校生編

どうも、山田店長(@yamada_tencho)です。

 

私は小売店の現役店長として、現在も多くの高校生の面接をさせていただいています。

 

そんな面接の中で最も重要なのが、自己紹介や志望動機です。

 

短い時間でどうやって自分の事を人に伝えるか、非常に難しいとは思います。

 

初めてのアルバイトだし、自己紹介や志望動機って何を言ったらいいか分かんない・・・。

 

そんなあなたでも大丈夫!

 

高校生の場合は非常に簡単です。

 

ちょっとしたコツと抑えるべきポイントだけ気をつければ、アルバイト面接も怖くありません。

 

高校生だと初めてのアルバイトで、初めての面接体験となる事も多いかと思います。

 

そんな初めての面接対策としても十分役立つ面接のコツやノウハウを紹介します。

 

以下では、

 

・高校生の自己紹介の仕方
・高校生の効果的抜群の志望動機

 

これらについて、現役店長がしっかり伝授しますので、バイト面接前の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

面接の流れ

初めてのアルバイト面接の場合、気になるのがまずは面接の流れだと思います。

 

高校生だと、いわゆるスーパー・コンビニ・飲食店でのアルバイトが多いと思いますが、どこもほぼ流れは一緒ですので、参考にしてください。

 

①面接場所に到着
②履歴書を渡す
③自己紹介・志望動機等伝える
④シフト等の条件の確認
⑤後日合否の連絡

 

文字にすると簡単なのですが、実際面接に行くとなると緊張しますよね。

 

自己紹介では何を話そうか?

 

志望動機は何て言えばいいんだろう?

 

そんな不安もあるかとは思いますが、この後分かりやすく解説しますので安心してください!

アルバイト面接での自己紹介の仕方~高校生編

高校生のアルバイト面接でのポイントは、ただただまじめに明るく元気にハッキリと話が出来るかどうかだけです。

 

ただ、いくら元気でも話に中身がないといけませんので、自己紹介の際にはこれだけはしっかり伝えましょう。

 

・名前(姓+名)
・学校名(現在通学中の学校のみでOK)
・何年生か
・所属している部活
・過去のアルバイト経験(初めてならその旨を伝える)

 

これらを明るく笑顔で姿勢正しく、学生らしいフレッシュさをアピールしながら話してください。

 

ただ、これだけだと、他の高校生のアルバイトと同じなので、以下の2点を少し意識してみるとベストです。

 

趣味で印象を与える

自己紹介や志望動機以外で聞かれるのが、

 

「あなたの趣味は?」

 

私も店長として面接する際には、これをよく聞きます。

 

そんなの仕事に関係なくない?と思われるかもしれませんが、この質問にうまく答えるだけで面接官には好印象となりますので、少しだけ頭をひねってみてください。

 

実際のあなたの趣味を思い浮かべてみてください。

 

料理・映画・アイドル・スポーツ観戦・・・

 

ぶっちゃけその趣味自体は何でもいいのですが、私が面接でなぜ高校生にこれを聞くかというと、どれだけ物事に真剣に向き合えるか、というのを知りたいためです。

 

例えば・・・

 

【例1】
私は料理が趣味なのですが、ご飯を炊く時に水の量を間違えて家族みんなに笑われてしまいました。
そんな簡単な事でも失敗してしまう私ですが、アルバイトでは失敗しないように頑張ります!
【例2】
乃木坂46が好きでライブによく行くのですが、お小遣いだけではチケットが買えないのでアルバイトをがんばります!

 

こういう話が出来れば、私だったら即採用です(笑)

 

高校生活で何を残したかをアピールする

上記のように趣味を聞かれれば、比較的答え易いと思います。

 

ですが、一番困るのが

 

「あなたは高校生活で何を学びましたか?」

 

この手の質問です。

 

これは高校3年生が部活を卒業して、残りの高校生活でバイトをしようとする時に良く聞かれる質問です。

 

何を学びましたか?って聞かれても、勉強を学びました・・・としか答えられないですよね?

 

ちょっといじわるな質問だとは思いますが、この質問に対する模範解答は以下です。

 

【部活経験あり】
部活を通してチームワークの大切さを学びました。
ですので、アルバイトでもチームワークを大事にしてがんばりたいと思います!
【部活経験なし】
高校に通いながら家族との時間も大事にする中で、親に感謝する気持ちを学びました。
そんな親に恩返しするためにも、アルバイトでお金を貯めて何かプレゼントをしたいと思います!

 

このどちらかを言えたら、バイト面接合格間違いなしです(笑)

 

現役店長の私からしてもそうなのですが、結局どれだけアルバイトを頑張ろうという気持ちがあるのか。

 

高校生に求めるのは、そういった気持ちの面が非常に大事ですので、その点をアピールすれば大丈夫かと思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

ダメな自己紹介の例~高校生編

↑では、アルバイト面接のコツをお伝えしましたが、ここでは私が面接する時に、こういう高校生は残念ながら面接で不合格となる、という例を紹介します。

 

逆に言うと、最低限ここだけは抑えてね、という内容です。

 

目を見て話さない

特に接客業では、これが出来ないと間違いなく不合格です。

 

接客業でなかったとしても、人と目を見て話せない人はコミュニケーションが取れない人だと判断されて、面接に合格にする事は難しいとしか言えません。

 

とはいえ、人と目を合わせて話しをするのが苦手だという人もいると思います。

 

そんな時は、相手の「あご」を見て話してください。

 

少し意識するだけでいいです。

 

目を見るのが恥ずかしいなら、面接官の「あご」を意識してください。

 

そうすると、自然と目を見て話している風に見えます。

 

自分に自信がない

いわゆるオドオドしているタイプの人です。

 

高校生だと初めてのアルバイトの面接で緊張するし、仕方ないよね。

 

というのとは、違います。

 

緊張しているだけなら、それが面接の合否に響く事はありません。

 

ただし、自分に自信を持てずオドオドしているような高校生は、私は採用しません。

 

高校生なのだから、根拠のない自信でいいんです。

 

何でもやります!

 

なんか出来る気がします!

 

そんな感じでいいんです。

 

高校生アルバイトに求めるのは、まずはやる気です。

 

技術や知識は求めません。

 

後からいくらでも習得出来ます。

 

ですが、高校生なりの自信を持ってもらわないと、教える方も教えられませんし、客商売だったらまず無理です。

 

うそでもハッタリでも何でもいいんです。

 

とにかく若いんだから、それをひたすら全面に押し出せば問題ありません。

 

店長としては、その若さをどれだけ仕事でアピールできるか、そこを期待していますよ。

 

スポンサーリンク

 

アルバイト面接の志望動機はこの3つで十分~高校生編

アルバイトの面接で一番聞かれるのが、自己紹介とこの志望動機です。

 

動機も何も、私が学生時代バイトしてた時の理由って、「遊ぶお金が欲しかったから」これしかなかったよ?(笑)

 

そうは思っていても、実際面接でそんな事は言えるわけもないので、適当にそれっぽい理由を言わないといけません。

 

そこで、アルバイトの面接で志望動機を聞かれた際に高校生が答えるべき模範解答を紹介します。

 

以下の3つを答えられれば、明日からすぐ勤務してください、と言われる事間違いなしです。

 

というか、自分なら即採用です!

 

学費を稼ぐ

学生の基本はやっぱり勉強です。

 

高校を卒業しても勉強をするために、大学に通いたくてその学費を稼ぐためにバイトがしたいんです。

 

はい、合格です。タイムカードの切り方を教えてあげる。

 

こんなまじめな高校生を誰が面接で落すでしょうか?

 

本当は遊ぶお金が欲しくても、大学進学を考えているのなら間違いなく志望動機はコレ一択です。

 

店長は、頑張る学生を応援したいんです!

 

家計を助ける

これは特に女子高校生が言うと破壊力がハンパないです。

 

今まで親のおかげで私は高校にも通わせてもらっているのですが、私もアルバイトが出来る年齢になったので、家計を少しでも助けるためにもアルバイトをしようと思いました。

 

はい、合格です。明日の19時から初出勤で大丈夫かな?

 

本当は遊ぶお金が欲しかったとしても、うそでもいいのでこう言ってみてください。

 

良くも悪くも、大人はこういう言葉に非常に弱い生き物なのです。

 

ちなみに、男子高校生の場合は、この「家計を助ける」もいいのですが、

 

親が働いている姿を見て、自分も働くという事がどういうことか勉強したくて今回応募させていただきました。

 

はい、合格です。よっしゃ、おっちゃんが教えてあげよう。

 

これで合格間違いなしです!(笑)

 

普段利用させてもらっているから

3つ目がコレです。

 

飲食店なんかでは、この志望動機は非常に効果的です。

 

当然本当に利用していて良いと思ったから面接を受けようと思った、というのは大前提です。

 

店長が面接官で、自分の店を好きでアルバイトをしようと思った、そう言われたらやっぱりうれしいものです。

 

しかも高校生だと、ひょっとしたら自分の子供と同じくらいの年頃かもしれません。

 

そんな年頃の高校生からそんな事を言われたら・・・

 

はい、合格です。

 

自分も経験として、面接でこれを言われると非常にうれしいんです。

 

直接お客様として利用してもらって、気に入ってもらって、そこで働いてみたいと思ってもらえるだなんて、店長冥利に尽きるというやつです。

 

さらに言うなら、

 

先日家族で利用させてもらった時に、店員さんの笑顔がすごい素敵だったので、私もそんな素敵な笑顔で接客がしてみたいと思いました。

 

こんな事を言われた日には、提示していた時給+50円で雇ってあげたくなっちゃいます。

 

まぁ、そんな気持ちを逆手に取るわけではないですが、店長としては実際そんな気持ちになるので、実体験としてあなたがそう感じたのであれば、直接言ってあげてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

面接に必ず合格する方法~高校生編

さて、最後に高校生がアルバイトの面接において、自己紹介・志望動機を伝えた後にこれさえ言えば、もう間違いなく採用確定と言ってもいいひと言があります。

 

面接の最後に恐らく面接官はこう聞いて来ます。

 

では、最後に何か質問等ありませんか?

 

こう聞かれたら、必ずこう答えてください。

 

「もし採用になったら、高校卒業後もバイトを続ける事はできますか?」

 

採用する側は、どうせ高校卒業したらバイト辞めたりするんじゃないか、そんな不安を持っていたります。

 

この回答はそんな不安を一発で吹き飛ばします。

 

高校卒業後もうちで勤務してくれるなら、長期的に戦力として期待が出来る。

 

はい、採用決定!

 

まとめ

以上、高校生のアルバイト面接における自己紹介や志望動機について、面接をする側からのアドバイスをさせていただきました。

 

ちょっとした裏話っぽい内容になってしまいましたが、実際の高校生のアルバイト面接はどこもこんな感じだと思います。

 

ポイントは・・・

 

・高校生らしく明るく元気に
・自己紹介では趣味や部活をアピール
・志望動機3つと卒業後も働く意志を示す

 

これらをしっかり事前に復習しておけば、どんなバイト先の面接でもまず合格間違いなしです。

 

とにかく元気で、家族のため将来のために働いてお金を稼ぎたいんです。

 

これが言えれば初めてのアルバイト面接であったとしても、合格間違いなしです!

 

現役店長が言うので間違いありません。

 

それでは、アルバイト面接がんばってください!

 

また、何か質問等あれば、山田店長(@yamada_tencho)宛てに直接DMしていただいても結構ですよ!

 

 

バイト探しは
アルバイトを探すなら「バイトル」

関連記事
バイトの面接に落ちる具体的な6つの理由を現役店長がお教えします!

バイト募集の応相談、未経験者・初心者歓迎は本当なのか?現役店長がお答えします!

現役店長が教えます!アルバイトが初出勤前に必ず準備すべき事

 

アルバイトの疑問
スポンサーリンク
<バイト探しといえばバイトル>


<ブラック企業とはこれでおさらば>

SARABA

<転職サイトは大手が安心>

リクルートエージェント

<日本最大のクラウドワークス>

この記事をシェアする
山田店長をフォローする
大手小売業現役店長の全て

コメント

プロフィール

この記事を書いている店長
山田店長

飲食店スタッフ⇒通信機器販売員⇒食品バイヤー⇒大手小売業現役店長へ。
現在は月商約5億・従業員数約300人の店舗で店長をやっております。店長経験はもう10年以上。
この経歴を元に、店長として持ってる知識と経験をここでお伝えしていきます。
現役店長さんの日々の業務に、少しでもお役に立てれば幸いです。

山田店長をフォローする