【現役店長が解説】オープニングスタッフのバイト面接のコツとは!?

新店オープニングスタッフのアルバイト面接合格のコツを紹介します!
新店オープニングスタッフのアルバイト面接合格のコツを紹介します!

どうも、山田店長(@yamada_tencho)です。

 

今度オープニングスタッフ募集の面接があるんだけど、何かコツとか秘訣ってあるのかしら?

 

近所で新しいお店が出来たりすると、よくオープニングスタッフの募集なんかやってたりしますよね。

 

このオープニングスタッフ募集の面接って、普通の面接と何か違いがあるんでしょうか?

 

実は通常のアルバイトの面接とオープニングスタッフの面接って、それなりに見るところが違ってきます。

 

いくつか抑えるポイントがありますので、それさえクリアしていればオープニングスタッフ募集の面接で落ちるという事はほぼないかと思います。

 

以下では、月商5億従業員約300人を抱えるお店の現役店長として、私の経験を活かしながらいくつかポイントを紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

オープニングスタッフ面接合格のコツ

オープニングスタッフ面接合格のコツ

オープニングスタッフ面接合格のコツ

あまり難しく考える必要もないかとは思うのですが、

 

オープニングスタッフで求められる人材とは何か?

 

ただ、これだけを意識してもらえればいいかと思います。

 

それぞれのシチュエーションに合わせて解説させていただきます。

 

主婦はその情報を共有すべし

とにかく主婦には情報を求めます。

 

地域のコミュニティに精通していたり、地域の事情に詳しい主婦はまず面接で落ちる事はありません。

 

なぜなら、その現地でしか得られない情報というのが、店がもっとも欲しい生の情報だからです。

 

地域の行催事や、競合店の情報等、主婦の生の声というのは非常に貴重なので、面接する側からするとそういった主婦アルバイトは必ず抱えたくなるはずです。

 

それを踏まえて、面接の際には自分の持っている地域の情報をすべて出せば、合格すること間違いなしです。

 

学生は店に寄り添うべし

主婦同様、学生にも情報を求めています。

 

学校の行催事も去ることながら、今はSNSの影響もバカにできないのでそういった流行に関する情報。

 

店側としては当然労働力として期待する部分もありますが、そういった情報を得るためにも学生アルバイトの雇用は促進しています。

 

ただし、一番懸念されるのが、テスト期間中の出勤状況がどうなるかです。

 

学生の多い地域だと、アルバイトの半数が学生だったりします。

 

特にそういう地域の場合テスト期間中になると、一気に人手不足に陥ってしまいます。

 

なので、学生の場合は、テスト期間中はバイトのシフトをどう考えているのかを明確にしておくといいかと思います。

 

仮にテスト期間中全部休みたかったとしても、

 

店舗事情を鑑みて、止むを得ない場合は可能な限り出勤します。

 

という風に言っておくと、心象はずいぶんよくなります。

 

フリーターは一途にアピールせよ

店長という立場で言わせていただくと、フリーターという時点で基本採用です。

 

当然、シフトはいつでもOKという前提ですが。

 

ただし、自分の場合はひとつだけ確認している事があります。

 

それは、

 

掛け持ちをしている or する予定かどうか

 

です。

 

新店の場合は特に、掛け持ちをしないで欲しいんです。

 

なぜかというと、誰よりも勤務時間は長くなるかと思うのでそこで力を付けてもらって、お店の主力に出来るだけ早くなってほしいからです。

 

オープン当初というのはとにかくみんな新人です。

 

フリーターの方には、そんな新人を束ねる人になって欲しいのです。

 

そのため、掛け持ちではなく専任で勤務してもらえるのであれば、確実に採用となります。

 

スポンサーリンク

 

オープニングスタッフにこんな人はいらない

オープニングスタッフにこういう人はいらない

オープニングスタッフにこういう人はいらない

余程の事がない限り、オープニングスタッフ募集の面接で落ちる人はまぁいないのですが、自分の経験上落とした人がいるのも事実です。

 

では一体どういう人がオープニングスタッフ募集の面接で落ちるのか?

 

ずばり、

 

コミュニケーションが取れない人

 

です。

 

例えば性格が暗くて接客に向いていないのであれば、事務系の仕事もあります。

 

逆に、元気があってハキハキしている人でも、うまくコミュニケーションが取れない人ってやっぱりいるんですよね。

 

こちらが、

 

AかBかどちらですか?

 

と聞くと、

 

Cではないです。

 

と言う人。

 

うそのような本当の話ですが、本当にいます。

 

私の場合、こういう人は残念ながら不採用にしています。

 

基本的に会話のキャッチボールの苦手な人は、チームでする仕事よりも自身の能力を100%出し切れる個人でやれる仕事の方が向いています。

 

そういう人はどちらかというと技術職系に向いている思うので、自分はやんわりと面接の時にそういった風に伝えたりもしています。

まとめ

オープニングスタッフの面接のコツを簡単に解説させていただきました。

 

ポイントとしては

 

・普通にしてれば面接で落とされる事はない
・ただし、コミュニケーションだけはしっかり取ろう

 

押さえ所としてはこんな所です。

 

難しく考える必要はありません。

 

普通にしていれば面接は合格するはずです。

 

どうしても面接に対して不安がある場合は、↓の記事も参考にしてみてください。

 

面接のコツや志望動機の書き方なんかについて、さらに詳しく解説していますよ。

 

ということで、新しいお店で心機一転働くというのはいいものですよ。

 

ぜひあなたの家の近くでオープニングスタッフ募集の求人がないか、調べてみてはいかがですか?

 

\バイト探しはバイトルがおすすめ/

関連記事
新店オープニングスタッフバイトで働くメリットとデメリットとは!?

アルバイト面接の自己紹介と志望動機のコツを現役店長が伝授~学生編

アルバイト面接での自己紹介と志望動機のコツを現役店長が伝授~主婦編

バイト面接の自己紹介と志望動機のコツを現役店長が伝授~フリーター編

アルバイトの疑問
スポンサーリンク
<バイト探しといえばバイトル>


<ブラック企業とはこれでおさらば>

SARABA

<転職サイトは大手が安心>

リクルートエージェント

<日本最大のクラウドワークス>

この記事をシェアする
山田店長をフォローする
大手小売業現役店長の全て

コメント

プロフィール

この記事を書いている店長
山田店長

飲食店スタッフ⇒通信機器販売員⇒食品バイヤー⇒大手小売業現役店長へ。
現在は月商約5億・従業員数約300人の店舗で店長をやっております。店長経験はもう10年以上。
この経歴を元に、店長として持ってる知識と経験をここでお伝えしていきます。
現役店長さんの日々の業務に、少しでもお役に立てれば幸いです。

山田店長をフォローする